中部学院大学・中部学院大学短期大学部

留学生 介護福祉士合格に向け切磋琢磨

コロナ禍でも切磋琢磨(岐阜新聞11月7日付朝刊)

「事業連携型」で中部学院大に通う留学生
11人は1月に「介護福祉士」受験

中部学院大学と岐阜県内3つの介護事業者がベトナム人留学生の介護福祉士国家資格取得をサポートする「事業者連携型外国人留学生受け入れ事業」により2018年度以降に来日した11人が、今年、中部学院大学短期大学部社会福祉学科の2年生となり、新型コロナウイルス禍でも、実習や来年1月末の国家試験合格に向け勉強に励んでいます。

この様子が、岐阜新聞(企画特集 15面)に掲載されました。

記事では、本学における留学生の学びの様子や、本学や連携事業者によるサポート体制、また、各関係者のコメント等も掲載されています。

ページの先頭へ戻る