中部学院大学・中部学院大学短期大学部

県内認知症ホームの8割 人手不足を懸念

新型コロナ感染者発生時「1人欠けたら運営危機」(岐阜新聞8月5日付朝刊)

本学の人間福祉学部長の飯尾良英教授が理事長を務めるNPO法人ぎふ福祉サービス利用者センター「びーすけっと」が8月4日までにおこなったアンケート調査で、岐阜県内の認知症グループホームの8割が、新型コロナウイルスの感染者や濃厚接触者が出た場合、深刻な人手不足になることを懸念していることが分かりました。

この詳細が、岐阜新聞(社会)に掲載されました。

ページの先頭へ戻る