中部学院大学・中部学院大学短期大学部

中部学院大が小学校英語授業サポート

タブレットを使い英語(中日新聞7月14日付朝刊)

中部学院大 清見小授業サポート

7月13日、高山市清見小学校5年生のタブレット端末を活用した英語授業が始まりました。この活動は、本学と高山市教育委員会の連携事業の一環でおこなわれ、端末25台を貸し出し、教育学部子ども教育学科の新井謙治准教授が週に1回、授業支援をしています。

この様子が、中日新聞(飛騨版)に掲載されました。

ページの先頭へ戻る