中部学院大学・中部学院大学短期大学部

小学校の英語教育は「やり取り」服部吉彦教授

英語学習、伝え合う力を(岐阜新聞5月4日付朝刊)

小中学校の「接続」大切

新学習指導要領が始まり、2020年度から小学校で3・4年生が外国語活動、5・6年生が外国語科となり英語学習をしています。小学校での英語教育のキーワードは「やり取り」と唱える本学の服部吉彦教授が、小学校の教員の声や取り組みの様子を紹介しながら、英語教育に大切なことや課題について伝えました。

この記事は、岐阜新聞(教育)でご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る