中部学院大学・中部学院大学短期大学部

LGBTテーマのシンポジウムで紙芝居

「多様性」を認め合おう(岐阜新聞6月30日付朝刊)

LGBTテーマに関市でシンポ 学生と市民ら意見交換

6月30日、関市・中部学院大学・関高校が主催する第2回ダイバーシティSEKIシンポジウムが関市学習情報館でおこなわれました。最後には、関高生徒が企画、脚本を手掛け、中部学院大学の学生が作画した紙芝居を発表し、多様な性のあり方や生き方について考える社会づくりの必要性を訴えました。

この様子が、岐阜新聞(中濃地域)に掲載されました。

詳しくは新聞記事をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る