中部学院大学・中部学院大学短期大学部

LGBT理解深める紙芝居を合作

LGBTに理解深めて 小学生低学年向けに紙芝居(中日新聞5月8日付朝刊)

子どもたちに多様な生き方や性の在り方を知ってもらおうと、関市が関高校、中部学院大学と連携して小学校低学年向けに制作した紙芝居の発表会が、4月24日、関高でおこなわれました。制作にあたり、本学4年生の山下由利加さんが絵を担当、水野友有准教授が監修しました。紙芝居は市内全19小学校に配布されました。

この様子が、中日新聞(中濃)に掲載されました。

詳しくは新聞記事をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る