中部学院大学・中部学院大学短期大学部

学生スポーツトレーナー部「CAST」が測定

中部学院大学、学生スポーツトレーナー部「CAST」(毎日新聞9月7日付朝刊)

8月21日、中部学院大学の体育館に県立大垣西高バドミントン部員が集まり、本学の学生スポーツトレーナー部「CAST」の学生が、高校生の敏しょう性やスイングスピードを測定しました。「CAST」は、理学療法士の人材育成を目的に、看護リハビリテーション学部理学療法学科の鵜飼建志准教授が2008年に発足させ、現在は計62人が所属しています。

この様子が、毎日新聞「イチ押し」に掲載されました。

詳しくは新聞記事をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る