中部学院大学・中部学院大学短期大学部

生活保護 意義考える

岐阜市 県内関係者が研究会(岐阜新聞10月4日付)

本学の人間福祉学科長の柴田純一教授の呼び掛けで、生活保護制度の意義や在り方を考える研究会が岐阜県橋本町のハートフルスクエアーGで初めて開催されました。

この様子が、岐阜新聞に掲載されました。

詳しくは新聞記事をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る