中部学院大学・中部学院大学短期大学部

福祉人材育成で協定

テキストを共同製作(岐阜新聞7月20日付)

介護や保育など福祉の人材育成と人材確保を図ろうと、本学・本学短期大学部は、岐阜県と連携協定を締結しました。
岐阜県が協力し、インターンシップの受け入れ先事業所を拡大するなど学生の就労支援を強化するほか、福祉教育の一環でテキストの共同製作に着手し、中高生など若年層の”福祉マインド”を育みます。

この様子が、岐阜新聞に掲載されました。

詳しくは新聞記事をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る