中部学院大学・中部学院大学短期大学部

認知症高齢者 はじける笑顔

関市でグループホーム運動会(岐阜新聞10月30日付)

2016年10月29日、認知症の高齢者に対する理解や地域交流を深めようと、市内12ヶ所のグループホームによる運動会が開催されました。
本学の短期大学部の学生が企画し、今年で3回目を迎えました。
担当教員の野村敬子准教授は「認知症の高齢者を地域で支える仕組みをつくるためにも認知症のイメージを変えたい」と継続の意義を話しています。

この様子が、岐阜新聞(中濃)に掲載されました

詳しくは新聞記事をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る