中部学院大学・中部学院大学短期大学部

サルと人間の違いは

モンキーセンター 松沢所長 関で講演(中日新聞 2016年7月24日付)

「知の探検 さまざまなサル類の暮らしから人間を考える」が本学で開催され、学生や市民ら200人が聴講しました。
松沢所長はチンパンジーの知性に関する研究で知られ、現在は京都大高等研究院の特別教授や、本学の客員教授も務めています。

この様子が、中日新聞(中濃)に掲載されました。

詳しくは新聞記事をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る