中部学院大学・中部学院大学短期大学部

「すったて汁」を調理

中部学院短大 新入生が研修(岐阜新聞 5月13日付)

本学短期大学部の新入生宿泊研修が11、12日に白川村で行われ、学生が郷土料理作りやゲートボールなどを体験し地域住民と交流を深めました。
地域住民と触れ合うことで生活文化を理解してもらおうと2008年から行っており、今回は介護福祉コースの学生60人が参加しました。

この様子が、岐阜新聞(中濃)に掲載されました。

詳しくは新聞記事をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る