中部学院大学・中部学院大学短期大学部

分水嶺(コラム)(岐阜新聞)

本学短期大学部片桐多恵子学長の入学式での式辞が紹介されました。
片桐学長は式辞で「英語のunderstand。under(下に)stand(立つ)がどうして理解する意味になるか。目線を下げて謙虚に物事を考えることが理解につながる。そのように学んでほしい。」と述べました。

この様子が、岐阜新聞に掲載されました。

詳しくは新聞記事をご覧下さい。

ページの先頭へ戻る