高大連携

済美高校との高大連携授業「保育・教育 はじめの一歩」を開催しました

2018.11.09

11月9日(金)、済美高等学校との高大連携事業「保育・教育 はじめの一歩」第14コマ目を済美高等学校視聴覚室で開講しました。済美高等学校保育科の40名の生徒さんが参加しました。

  • 授業内容:心のイメージを広げる言葉あそび
  • 担当教員:教育学部 教授 山田丈美

講義の様子
乳幼児の言葉に見られる擬音語・擬態語の特徴と、絵本に見られる擬音語・擬態語の面白さについて講義を行いました。

絵本作りのイメージを膨らませる生徒のみなさん
擬音語・擬態語を使ってイメージを膨らませ、生徒のみなさんも絵本作りに挑戦しました。

絵本づくりに集中する生徒のみなさん
構想がまとまり、どんどん絵本づくりに集中していきました。色も駆使して、鮮やかな絵本に仕上がっているようです。

まとめの様子
子どもも大人もイメージを膨らませて楽しめる擬音語・擬態語についてのまとめをしました。

ページの先頭へ戻る