高大連携

関高等学校で本学留学生がベトナムについての講演を行いました

関高等学校では、県のスーパーグローバルハイスクール(SGH)に認定され、昨年度からベトナム研修を行っています。
研修中は、本学が関市と進めているJICA草の根技術協力事業「ダナン市の看護職を対象にした老年ケア・キーパーソン養成事業」(以下、JICA事業)のカウンターパートであるダナン医薬技術大学を訪れる予定です。

9月12日(月)、JICA事業のプロジェクトマネージャーで人間福祉学部長の飯尾良英教授が、日本の政府開発援助(ODA)と本学のJICA事業について講義を行いました。
次に、ベトナム出身で本学人間福祉学部3年Tran Gia Buuさんからベトナムの基礎知識や簡単なベトナム語会話の講義がありました。
生徒さんは自分の将来の夢や趣味をベトナム語で発表しました。

講義後の質疑応答では、生徒さんからベトナム滞在中の注意点や、ベトナムの看護職養成の仕組みについて質問がありました。
ベトナム研修に参加される関高校の皆さん、実り多い研修になることを願っています。

講義を行うTran Gia Buuさん
講義を行うTran Gia Buuさん

ページの先頭へ戻る