地域連携(地域連携推進センター)

美濃加茂市×杉山ゼミ「MIWAたからものソング」を作ります

2020.07.01

今年で4年目となる美濃加茂市と杉山ゼミとの連携活動。
今年度は、美濃加茂市のアクションプランから「教育 ふるさとを好きになれる」をテーマに、美濃加茂市の北部に位置する三和地区を舞台として「MIWAたからものソング」を創作することになりました。

三和地区ではちょうどこの時期、多くのホタルが舞い、例年は市内外から多くの人が訪れます。地区内にある三和小学校は全校生徒が25名ですが、全生徒と住民が一丸となりホタルの保護活動や地域を大切にする活動を積極的に行っています。

7月1日は杉山ゼミナールにとって今年度初めての対面授業になりました。美濃加茂市から6名の職員にお越しいただき、美濃加茂市の概要、総合計画カミーノ、里山千年構想、三和地区について、それぞれ担当者からご説明いただきました。4月からのリモート授業では美濃加茂市や三和地区について学んでいた学生たちですが、今回、美濃加茂市職員から直接“美濃加茂愛”を聞けてモチベーションUPに繋がりました。

新型コロナウイルス感染防止のため、三和地区の方々との交流がどこまでできるか分かりませんが、リモートなども活用しながら進めていきたいと思います。

三和地区の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

説明する美濃加茂市職員
三和地区について説明する美濃加茂市職員

メモをとる学生
ソーシャルディスタンスを守り、メモを取りながら話を聞く学生

杉山祐子教授(中央)
今後の計画を説明する杉山祐子教授(中央)

ページの先頭へ戻る