地域連携(地域連携推進センター)

JAめぐみのデイサービスセンターで体力向上プログラムの啓発活動を行いました

2020.01.22

1月22日、JAめぐみの「デイサービスセンターあんしん郡上」で、看護リハビリテーション学部理学療法学科の西嶋力准教授、三川浩太郎准教授、菅沼淳一助教と学生12名が立ち上がりテストや歩行テストなどの体力測定を行いました。

また、体力測定の後には、西嶋准教授が考案した「あしゆび体操タオル」を使用して「あしゆび体操」を紹介しました。

利用者と一緒に体操をする学生
利用者の方々が毎回行っている体操に参加しました。

利用者と一緒に昼食をとる学生
利用者の方と一緒にお昼ご飯をいただきながら交流を図りました。

問診票記入の様子
お一人おひとりに聞き取りながら問診票を記入していきました。

職員の方と協力して体力測定をする学生
職員の方にもご協力いただき、安全を第一に体力測定を進めました。

足の機能を測定する様子
普段は測る機会の少ない足の機能を測りました。

あしゆび体操の紹介の様子
タオルを使用してのあしゆび体操の方法を紹介し、利用者の方々に体験していただきました。また、タイム記録を収集させていただきました。

感想とお礼を述べる学生
最後に学生が感想とお礼を述べました。高齢者の方々と実際に接する機会は多くの学びがありました。

JAめぐみの関係者の方々と記念撮影
JAめぐみの関係者の方々と記念撮影。後方に郡上八幡城が見えます。

ページの先頭へ戻る