地域連携(地域連携推進センター)

長良川鉄道の坂本専務にご講義いただきました

2019.12.24

12月24日(火)、「地域福祉論」(担当:飯尾良英教授)において、長良川鉄道株式会社から代表取締役専務の坂本桂二様をゲスト講師に迎え、「地域の発展と公共交通」と題し、ご講義いただきました。

坂本専務は、欧州の地方都市では路面電車が活発に利用されている実例を紹介し、高齢者の安全確保やいきいきと暮らしていくために日本でも駅を含めた鉄道の役割が大切になってくると話されました。
高校時代に長良川鉄道で通学していた学生もおり、鉄道を活用した地域高齢者福祉の提案に興味深く耳を傾けていました。

学生からは、

  • 「高齢化が進む中で、安心安全な国を目指し鉄道やバスを普及させることに地域全体で取り組んでいけたらいいと思う。」
  • 「駅を交流の場として活用することは、駅を中心に町が活性化するきっかけになり、とても良いと思った。」
  • 「長良川鉄道をこの講義で初めて知った。観光列車「ながら」のランチプランは学生にとっては高額だが、自分へのご褒美として一度乗りたいと思った。」

など、多くの感想が寄せられました。

長良川鉄道株式会社 坂本桂二代表取締役専務
講師の長良川鉄道株式会社 坂本桂二代表取締役専務

学生と坂本専務との意見交換の様子
学生と意見交換する坂本専務

ページの先頭へ戻る