地域連携(地域連携推進センター)

台風19号による災害支援ボランティアへの取り組み状況

2019.11.18

台風19号によって多くの地域で災害が発生しました。全国からたくさんのボランティアが被災地で活躍しています。本学でも、関市社会福祉協議会と連携して、長野市の被災地にボランティア派遣を行うことになりました。
災害が発生してから、本学の教員が何度か長野市に出かけてボランティア活動を行ってきました。学生の中からも「何かできることはないか」の声があがって来たことから、今回の取り組みになりました。ボランティアに参加する学生には、ボランティア活動保険の保険料を大学から助成します。
合わせて、大学内で災害義援金の寄付を呼び掛けています。

  • ボランティア活動予定日
    • 1回目  2019年11月23日(勤労感謝の日)
    • 2回目  2019年11月26日(火曜日)

その他、関市社会福祉協議会とは別に、岐阜県社会福祉協議会、その他のNPOがボランティアの募集を行っています。これらの活動に学生が参加した場合も、大学として積極的に支援する予定です。

関連リンク

ページの先頭へ戻る