地域連携(地域連携推進センター)

11月11日は「介護の日」、バラの花をプレゼント

11月11日は、2008年に国により「介護の日」と定められ、介護についての理解と認識を深め、介護従事者、介護サービス利用者及びその家族等を支援するとともに、これらの人たちを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進することとされています。

しかし、まだその認知度は低いため、中部学院大学・中部学院大学短期大学部では学生が中心となって、毎年、「介護の日」普及活動を行い、介護をされている方にバラの花をプレゼントしています。どなたでも参加自由となっています。

日頃、介護従事者にお世話になっている方・そのご家族の方、介護従事者、そのご家族など、是非、お立ち寄りください。今年度の活動は以下のとおりです。

中部学院大学 短期大学部 社会福祉学科の学生による啓発活動

  • 日時 2017年11月3日(金・祝)11:00~13:00
  • 場所 各務原市学びの森/中部学院大学各務原キャンパス
  • 同日開催の「学びの森フェスティバル」にて、介護現場の魅力を広く社会に伝えることを目的とした『高齢者“えがお”写真コンテスト』の表彰式、写真展示も行います。

中部学院大学 人間福祉学部 人間福祉学科の学生による啓発活動

  • 日時 2017年11月10日(金)10:00~11:30
  • 会場 JR岐阜駅前

ページの先頭へ戻る