JICA 草の根技術協力事業

老年科でのアクティビティ活動を再開しました

2020.10.01

ダナン市では、7月下旬に新型コロナウイルス感染の第2波が発生しました。7月28日からは再び外出制限措置が適用され、それに伴ってグハンソン地区病院内にある本プロジェクトの事務所も一時閉鎖を余儀なくされました。その後、感染者の減少により9月5日から段階的に規制が緩和され、9月21日に事務所を再開することができました。

10月1日には、学習会メンバーをはじめ、プロジェクトメンバーの働きかけにより、約2か月ぶりにグハンソン地区病院老年科でのアクティビティ活動を再開することが出来ました。
この日はグハンソン地区の人民委員会の広報部からの取材もあり、20人と多くの方の参加がありました。取材は「コロナ明けの高齢者の活動」ということで取り上げられました。
約2か月ぶりのアクティビティは活気があり、高齢者の皆さんも運動をとても楽しまれていました。

今後もこの活動を継続して行い、高齢者の皆さんのADLとQOLの向上を目指していきたいと思います。

運動をする高齢者1

運動をする高齢者2

ページの先頭へ戻る