JICA 草の根技術協力事業

ベトナム・ダナン市から報告「新型コロナウイルス感染症のプロジェクトへの影響について」

2020.04.16

世界的に影響を与えている新型コロナウイルス感染症に対して、ベトナムでも早期から様々な対策が行われています。4月2日にはベトナム政府よりベトナム全土で社会的隔離の勧告、制限、要請が発表されました。それに伴い、ダナン市でも多くのレストランやホテル、お店の営業が中止となりました。とても厳しい状況ですが、皆さん不要不急の外出を避け、3人以上で集まらないなど社会的隔離の確保に積極的に参加されており、その結果ベトナムの感染者の大幅な増加は抑えられています。

グハンソン地区病院においても隔離者の受け入れや、検疫や検問所でのメディカルチェックなど、この期間医療スタッフの皆さんは懸命に働かれています。現在感染者の数が抑えられているのも医療スタッフによる日々の献身的な努力があってこそだと思います。

このような状況の中、プロジェクトの基盤となっている学習会を先月より中断しています。しかし今後のワークショップの準備や調査研究など今できることを進めています。今後も状況に応じてプロジェクトの進行を中部学院大学、ダナン市保健局、グハンソン地区病院で協議しながら進めて参ります。

世界的に困難な状況の中、私の周りには「今は必要だろうから」とマスクや消毒薬を下さる方、「日本の家族は大丈夫か」など日本のことを心配して下さる方々が多くいらっしゃいます。今回、改めてベトナムの方たちの優しさや国民性の素晴らしさに触れ、多くの気づきや学びを得ています。1日も早く世界で新型コロナウイルス感染症が終息し、日常が取り戻されることを願っています。

(報告:現地講師 山本あゆみ)

ダナン市の街の中で見られる様々な新型コロナウイルス感染症に関する情報発信

海水浴場の新型コロナウイルス感染症対策の告知横断幕
新型コロナウイルス感染症対策の告知について
海で泳ぐことを禁止し、マスクを使用すること。人との距離は2メートル離れ、3人以上で集まらないこと

街の中の新型コロナウイルス感染症対策のスローガン看板
新型コロナウイルス感染症対策のスローガン
新型コロナウイルス感染症と戦うことと、健康のために定期的に運動をすること

新型コロナウイルス感染症の防について掲げられた街中の旗
新型コロナウイルス感染症の予防について
・手洗い
・症状のある人との接触を避ける
・マスクを使用する
・運動と栄養
・症状があれば医療機関を受診すること

ページの先頭へ戻る