JICA 草の根技術協力事業

老年科入院患者さんと週2回のアクティビティを行う

2020.03

現地講師が赴任して1年8ヶ月になりました。赴任した際から現地講師が老年科スタッフと一緒に取り組んでいることがあります。毎週火、木曜日の15時から30分を目安に老年科に入院の方等に向けて運動やレクレーションを行うことです。入院期間中に何もせずに寝ているだけの方々を1人でも減らし、健康増進のために運動に興味を持ってもらおうと思い、取り組み始めました。

初めは、参加者も少なく、運動に興味を持たれていなかった方も多くおられました。学習会メンバーと協力し、マニュアル作成や実際に学習会メンバーが実演することで徐々に内容も豊富になり、クオリティーも上がっています。毎週続けて行くことで徐々に参加者も増えて来ています。
今ではマニュアルを活用し、学習会メンバー以外の老年科スタッフも行えるようになりました。老年科では入退院を繰り返す高齢者も多く、アクティビティを楽しみにしている方も多くおられます。より充実したものにできるように私たちも一緒に盛り上げて行きたいと思います。また、自宅でも取り組んでもらえるように退院時に運動パンフレットにて家族指導を行い、より健康増進を促していけるように取り組んでいきます。

現在、新型コロナウイルス感染防止のため、アクティビティは一時中止しています。
一日も早い収束を願っています。

老年科スタッフと利用者の皆さん

アクティビティの様子

老年科スタッフと利用者の皆さん

ページの先頭へ戻る