JICA 草の根技術協力事業

日本招聘研修の報告会を行いました

2019.12.05

10月21日(月)グハンソン地区病院、10月23日(水)ダナン市保健局、12月5日(木)グハンソン地区病院の管理幹部に、各学習会メンバーが日本招聘研修の報告を行いました。
日本招聘研修ではそれぞれのグループが、グループのテーマに応じた学びを深めることができました。学んだことをもとにアクションプランを作成し、保健局の関係者や病院のスタッフと共有することができました。

各学習会のアクションプランのまとめは以下の通りです。

  • 1グループ(連携)
    1.あったかノートの普及
    2.地域との連携強化
    3.病院との連携強化
  • 2グループ(栄養)
    1.NSTチームを作る。老年科で定期的に栄養評価を実施する
    2.高齢者の適切な栄養マニュアルの献立を基本とし糖尿病や高血圧の献立を作成する
    3.パンフレットを作成する
    4.嚥下機能評価を実施する。食事の正しい姿勢や嚥下体操を指導する
  • 3グループ(看護技術)
    1.病院のスタッフへの勉強会を実施する
    2.ターミナル期にある患者や家族への指導や支援マニュアルを作成する
    3.高齢者施設(病棟)や訪問看護の立ち上げについて管理幹部に提案する
  • 4グループ(アクティビィ)
    1.認知症サポートチームを作る
    2.病院内でMMSEを使用する
    3.身体運動と脳トレを組み合わせる
    4.嚥下体操を実施する
    5.自助具の紹介マニュアルを作成する
  • 5グループ(ケア計画)
    1.学習会でグハンソン地区病院に適したアセスメント表を作成する
    2.看護師間で患者のケア方法について検討するカンファレンスを実施する

報告会でグハンソン地区病院長からは、「アクションプランをベトナムで取り入れていくことは実現可能なことであり、病院側も協力していきます」とコメントをいただきました。
保健局、病院、地域と連携しながら、老年ケア・プログラムの定着を目指して引き続き取り組んで行きたいと思います。

病院での報告会の様子
病院での報告会の様子

保健局での報告会の様子
保健局での報告会の様子

保健局での報告会の様子

病院の管理幹部への報告の様子
病院の管理幹部への報告の様子

ページの先頭へ戻る