JICA 草の根技術協力事業

ダナン市保健局にて普及セミナー(幹事会)とPMU会議を開催しました

2019.06.05

グハンソン地区で行っている本活動を他の地区にも広く普及するため、市内6つの地区病院の責任者の方々にお集まりいただき、普及セミナー(幹事会)を開催します。

第1回普及セミナー(幹事会)を6月5日にダナン市保健局で開催し、リエン チェウー地区病院、タン ケー地区病院、ホア ヴァン地区病院、カム レー地区病院、ハイ チャウ地区病院、ソン チャー地区病院から参加がありました。飯尾プロジェクトマネージャーから参加者にプロジェクト概要の説明と日本の介護保険制度について説明を行いました。その後、意見交換会を行い、参加者からは、日本の介護保険制度についてとても興味を持った、日本の患者に対する姿勢や連携システムにも感銘を受けたという報告がありました。今後、デイケアや緩和ケア、栄養科、地域連携システムなど現在のダナン市の病院にはない新しい取り組みを導入していきたいという意欲的な意見が聞かれました。

また、同日、第2回PMU会議を開催しました。ダナン市保健局の担当者から、3月~4月にグハンソン地区に暮らす500名の高齢者を対象にして実施したQOL調査の結果報告がありました。調査結果により、QOLと生活習慣についての関連因子が明らかとなりました。QOLと健康に影響を与える悪い習慣では、8項目(飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足、水分摂取不足、濃い味を好む、食べる量が多い、栄養のバランスに関心を持っていない)の関連因子が明らかとなりました。これらの項目に対しては今後の指導や伝達講習で改善を促し、マニュアル作成や伝達講習に活かしていきたいと思います。

飯尾プロジェクトマネージャー
普及セミナーで飯尾プロジェクトマネージャーが日本の介護保険制度を説明している様子

参加者との意見交換の様子
参加者との意見交換の様子

発表の様子
グハンソン地区病院長がこれまでの取り組み内容について発表している様子

ページの先頭へ戻る