JICA 草の根技術協力事業

PMU日本研修の報告会を開催しました

2019.02.25

2018年12月10日~15日、日本の老年ケアの現状を知るためプロジェクト管理ユニット(PMU)のメンバー5名とグハンソン地区人民委員会Hoa副委員長を日本へお招きし、日本研修を行いました。
その研修の報告会「招へい研修総括会議」を2月25日(月)にダナン市保健局で開催しました。

日本研修参加者からは、日本の地域連携システムや介護保険などについて理解が深まったとの報告があり、社会保障について中央省庁へ要望を出していきたいなど改善に向けて前向きな発言がありました。また、グハンソン地区病院では新たに老年科を含む建物を建設する予定があり、日本の高齢者施設を見習って、老年科周辺に中庭を作り、高齢者が集う場所作りが計画されているとの報告があり、入院病棟では日本のようにアクティビティーや余暇活動を楽しめるようにしたいとの意見も出されました。
その後は、日本の取り組みの中で、実際にベトナムで実施できることについて話し合いました。

2019年5月中旬に、残り4名のPMUメンバーも日本へ招へい予定です。また多くの事を学んでもらえるように期待しています。
本プロジェクトの活動として、今後は病院や地域での人材育成や地域連携システムの普及を目指し、伝達講習の実施や情報の連携シート作成を行っていく予定です。

PMUメンバーと飯尾PM
PMUメンバーと飯尾PM

会議の様子
会議の様子

ページの先頭へ戻る