JICA 草の根技術協力事業

ベトナムのダナン市で学習会が始まりました

2018.09.26

本学がJICA草の根技術協力事業(パートナー型)で進めている「ダナン市・グハンソン地区の地区病院を中心とする老年ケア・プログラム定着と人材育成事業」では、9月からグハンソン地区病院と保健センターの医師、看護師、理学療法士などを対象に週2回学習会を開催しています。

メンバーは5グループ(連携技術、栄養、看護技術、アクティビティ、ケア計画)に分かれて、日本の地域包括システムや高齢者ケア技術を学び、ベトナムの社会に応じたマニュアルを作成していきます。
現場の看護師やリハビリスタッフと共に協力し、患者に応じた質の高いチームケアを提供するケア技術やシステムを作り上げることを目指します。
また週に2回、老年科でアクティビティを実施しています。毎回、ベトナムの看護師やリハビリスタッフと共に内容を検討し、高齢者のQOLの向上につながることを目指しています。

学習会の様子

 

 

アクティビティの様子

 

 

 

ページの先頭へ戻る