JICA 草の根技術協力事業

JICA草の根(パートナー型)講師2名を現地へ派遣しました

2018.07.10

JICA草の根技術協力事業(パートナー型)「ダナン市・グハンソン地区の地区病院を中心とする老年ケア・プログラム定着と人材育成事業」を推進するため、2018年7月10日に、専門家2名をベトナム国ダナン市に派遣しました。

現地コーディネーターの今道由継氏は作業療法士で、ドミニカ共和国でJICAボランティアの経験もあります。
現地講師の山本あゆみ氏は看護師であり、本学の先行事業でも老年ケア講師として活躍されました。
カウンターパートであるグハンソン地区病院には、本プロジェクトのために事務所が設置されており、現地補助員2名が常駐しています。

7月10日は、現地補助員のムイ氏とキム氏、カウンターパートであるグハンソン地区病院の投資計画部長ディウ氏、同じく看護師長のダオ氏が空港まで迎えに来てくれました。

JICA草の根技術協力事業パートナー型講師派遣 空港にて記念撮影
(左から)キムさん、山本あゆみさん、今道由継さん、
ムイさん、ダオ看護師長、ディウ計画投資部長

今後は、グハンソン地区病院での学習会を中心にマニュアル作成やプログラムの構築、人材育成を行います。
現地からの活動報告や近況などを伝えていきます。

ページの先頭へ戻る