JICA 草の根技術協力事業

伝達講習会が順調に行われています

2016年11月25日から始まった伝達講習会は1月20日時点で合計32回行われました。
受講者は延べ950人を超え、ダナン市の6ヵ所の病院では看護師だけでなく患者さんやそのご家族にもとても積極的にご参加いただいています。

これまでに高齢者の特徴や認知症、排泄や褥瘡(じょくそう)ケアなどについての講習を行いました。今後は口腔ケア、ターミナルケアや老年ケアシステムについてと範囲を広げ、受講される方々と知識を共有していきます。

認知症の症例が少ないため、研修生(老年ケア・キーパーソン)が高齢者役と看護師役で寸劇を行い認知症の症状やケア方法を伝えます
認知症の症例が少ないため、研修生(老年ケア・キーパーソン)が高齢者役と看護師役で寸劇を行い認知症の症状やケア方法を伝えます

移乗について実際にベッドと車いすを使って説明しています
移乗について実際にベッドと車いすを使って説明しています

指先を使ったアクティビティ(折り紙)を一緒に行います
指先を使ったアクティビティ(折り紙)を一緒に行います

日本の施設で習った、脳を活性化するためのゲームを患者さんに伝えます
日本の施設で習った、脳を活性化するためのゲームを患者さんに伝えます

嚥下障害について講習を行い、嚥下障害に有効な「とろみ」の紹介をしています
嚥下障害について講習を行い、嚥下障害に有効な「とろみ」の紹介をしています


ページの先頭へ戻る