第15回子ども未来セミナー「新沢としひこ保育講習会」を開催しました

2021.01.23

1月23日(土)第15回子ども未来セミナー「新沢としひこ保育講習会」をオンラインで開催しました。
シンガーソングライターで本学客員教授の新沢としひこ氏を講師にお迎えし、岐阜県下の保育所・幼稚園・特別支援学校の先生方、中部学院大学短期大学部幼児教育学科の学生を中心に、85名の方々にご参加いただきました。

公演は、中部学院大学を拠点とし、新沢氏出演の東京のスタジオ、視聴者の皆様をつないで、リアルタイムで行いました。一曲目の「パレード」に続き、「世界中のこどもたちが」をギターの弾き語りで披露されました。画面にはテロップで歌詞が表示され、視聴者も一緒に歌唱できるような演出がありました。
さらに、ヨガソングを通して、コロナ禍のお家時間においても心も体も柔軟でいることの大切さを教えてくださいました。
また、「はらぺこあおむし」は、ピアノの弾き語りに加え、絵本の映像が映し出され、音楽+絵本によるメッセージが届けられました。
後半は、「にじ」、「さよならぼくたちの幼稚園」、「ともだちになるために」、「はじめの一歩」など、新沢氏の代表曲がピアノやギターの弾き語りで披露され、1時間15分の講演が締めくくられました。
講演会の最後には、参加者から新沢氏に対する「質問タイム」が設けられました。参加者からは、「曲を作るときに大切にしていることは?」、「将来教育現場で働きたいが今から何を始めたらいいか?」など、様々な質問がありました。中部学院大学短期大学部の学生2名からも、「ピアノ伴奏のコツは?」、「曲作りのエピソードは?」と質問が出ました。新沢氏は参加者の質問に対し丁寧にコメントされ、最後に、新沢氏から視聴者の皆様に「コロナに負けるな!きっと明日はいい天気」とエールをいただきました。
今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため、オンライン開催となりましたが、新沢氏の素敵な歌声にパワーをいただきました。画面越しではありますが、新沢氏のメッセージが身近に感じられ、遠隔を感じさせない時間を過ごすことができました。

お忙しい中、第15回子ども未来セミナーにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

新沢としひこ氏とオンラインでつなぐ様子

マイクを手にする学生

ページの先頭へ戻る