第14回 子ども未来セミナーを開催します

今回の幼稚園教育要領・保育所保育指針等の改訂では、これからの時代を生き抜くために必要とされる力について言及がなされ、幼児教育・保育の場では、子どもにどのような力を育むべきか、検討がなされているところです。一方、現場は今、保育者の離職や人材不足等、様々な課題を抱えています。その課題解決に向け、ICT化や新たな保育方法の導入など、様々な取り組みがなされています。ただ、新たな取り組みが導入されると、それまで行ってきたことの狭間で、混乱が起きることは自明の理です。
さて、保育という営みは「子どもの実態」に応じて計画を立案、活動を展開していくことが基本です。これは今も昔も変わらない保育を組み立てるための重要な考え方の一つです。保育は、子どもの実態と真摯に向き合い、その子にとって一番望ましい関わり方・活動を保育者同士で模索していく営みであり、その過程にこそ意味があるのだと思います。
そこで、今回の令和元年の本研修では、今一度「保育の本質」に立ち戻り、「保育の魅力とは何か?」について、保育界の第一人者である吉村先生をお招きして、先生方と共に考え、模索する機会にしたいと思います。心より研修へのご参加をお待ち申し上げております。

テーマ:令和元年を保育元年へ!―保育の魅力とは何か?―

  • 日時  2019年6月29日(土)13:00~16:45
  • 会場  中部学院大学 各務原キャンパス 1101大講義室(岐阜県各務原市那加甥田町30-1)
        TEL: 058-375-3600
        ※駐車台数に限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。
  • 定員  200名(定員を超えた場合のみ連絡をさせていただきます)
  • 参加費 無料(事前申し込みが必要です)
  • プログラム
12:30 受付・開場
13:00 開会挨拶
13:05

15:00
意見交流とパネルディスカッション
「私にとっての保育の魅力」
<パネリスト> 高山社会事業協会 高山南保育園 平坂貴子氏
        中部学院大学短期大学部幼児教育学科・助教 小木曽友則
<パネリスト・指定討論> 元松山東雲短期大学・教授 吉村真理子氏
<コーディネーター> 中部学院大学教育学部子ども教育学科・教授 西垣吉之
15:15

16:35
講演
「保育の魅力を語る」
<講師> 元松山東雲短期大学・教授 吉村真理子氏
16:40 閉会挨拶

申込方法・申込先

申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。
FAX番号 0575-29-3000

お問い合わせ先

中部学院大学・中部学院大学短期大学部 企画部教育研究支援課
TEL 0575-24-2238(平日 8:30~17:00)

共催

中部学院大学・中部学院大学短期大学部 子ども家庭支援センター
中部学院大学教育学部子ども教育学科
中部学院大学短期大学部幼児教育学科

Adobe ReaderのダウンロードはコチラPDFファイルを開くにはAdobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。

ページの先頭へ戻る