第11回 子ども未来セミナーを開催します

新沢としひこ講習会「今日がはじめの一歩」

2017年1月28日(土)に、第11回子ども未来セミナーを
下記のとおり開催いたします。
本年度は本学客員教授であり、シンガーソングライターの
新沢としひこ氏による講習会です。

新沢としひこ氏は、「世界中の子どもたちが」や「虹」、「はじめの一歩」など、保育の世界で子どもたちのこころをつかみ、歌い継がれていく曲をたくさん生みだしています。

ぜひこの機会に、新沢としひこ氏の歌や踊りのパフォーマンスを介した保育のすばらしさを、体験していただきたいと考えております。

お忙しいことと存じますが、ぜひ皆様ご参加くださいますようご案内申し上げます。

なお、本セミナーは、幼児教育学科学生の特別講義も兼ねており、会場の収容人数に限りがございます。ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

日時

2017年1月28日(土)13:00~15:00

会場

参加費

無料
※事前の申込が必要です。申込書に必要事項をご記入の上、FAXでお申込ください。

定員

100名(受付順・定員を超えた場合のみ連絡をします)

申込先

申込書に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。

中部学院大学 教育研究支援部 研究支援課
FAX:0575-29-3000 TEL:0575-24-2238
〒501-3993 岐阜県関市桐ヶ丘2-1

講師紹介

新沢としひこ 氏

中部学院大学客員教授。
保育者を経験した後、ソロコンサートやジョイントコンサート、保育講習会の講師として活躍。
CD制作・児童文学・絵本の出版とマルチに才能を発揮している。
代表作『世界中の子どもたちが』は、小学校の教科書にも採用されている。
2011年『さよならぼくたちのようちえん』が芦田愛菜主演のテレビドラマの主題歌に採用されたほか、つるの剛士のアルバムに『にじ』『ともだちになるために』が収録されるなど、その楽曲に注目が集まっている。また、ソロ作品『みちくさ』は世代を超えて好評を博している。

ページの先頭へ戻る