子ども家庭支援センター

子育ての楽しさを親同士で共有し、地域コミュニティーの輪をさらに広げよう

子ども家庭支援センターについて

核家族化や少子化が進む現在、地域や家庭内で“子育て”への不安や悩みを持つお母さんが増えています。そこで、子ども教育学科・幼児教育学科教員・附属幼稚園・桐が丘幼稚園のスタッフが一体となって支援する「子ども家庭支援センター」が開設されています。

子ども家庭支援センター(関キャンパス)

子ども家庭支援センター事業概要

親子一緒に楽しんで

「いっしょにあそぼう」「親子わくわく教室」など、ふぞく幼稚園で親子で楽しく遊べる場を提供しています。

在園児たちとの交流活動に学生も参加

ふぞく幼稚園のさまざまな行事に地域の人々をご招待し、未就園児さんと在園児の交流をすすめます。短期大学部幼児教育学科の学生も参加し、大型絵本やエプロンシアターを演じます。

自主サークルもバックアップ

大学の保育演習室を開放し、親御さんに大学講師による学習の場を提供します。ボランティアが託児のお手伝いをします。

育児不安にはふれあい相談で安心を

幼稚園と保育所等で経験豊かな園長・主任と大学の専門職員が育児の悩み相談にのります。

育児支援者養成講座をサポートします

これからの地域に必要な育児支援者の養成についても、講座の企画とともにスタッフの派遣を行います。

ページの先頭へ戻る