心理相談・カウンセリング(人間福祉相談センター)

第19回 ぎふLD・ADHD等学習会を開催します

現在、特別支援教育や保育・教育・福祉実践において、心理・知能検査によるアセスメントが重要になっています。アセスメントは『どういう支援がこの子にとってベストなのか?』の方向性を示す役割をします。第19回ぎふLD・ADHD等学習会では昨年に引き続き、WISCやK-ABC等の諸検査において我が国の第一人者である大六一志氏を講師としてお迎えし、WISC-IVの検査結果を通して子どもがつまずく原因への理解や支援と彼らへの発達支援の実践に活かすための方法について、共に考える場とします。

多くの皆様のご参加をお待ちしています。

※本学習会は、学校心理士会B1(1ポイント)研修会(承認番号B-19-231)です。

WISC-IV 検査結果と発達支援実践の橋渡し -つまずきの原因の理解と対応-

  • 日時  2019年11月3日(日) 13:30~16:00
  • 会場  中部学院大学 関キャンパス 11301 大講義室
  • 定員  300名(お申込みは先着順です。定員を超えた場合はご連絡します。)
  • 参加費 1,000円(資料代含む)※当日受付にて徴収します
  • 申込  事前のお申し込みが必要です。
  • 日程
13:00 受付開始
13:30 開会
13:40

15:40
講演
「WISC-IV 検査結果と発達支援実践の橋渡し -つまずきの原因の理解と対応-」
講師:大六 一志 氏(日本臨床発達心理士会茨城支部長、元筑波大学・教授)
15:40 質疑応答
15:55 閉会

申込方法

メールでのお申し込み

件名を「ぎふLD・ADHD等学習会 申込書」とし、氏名・所属・連絡先(住所・電話番号)を本文に入力の上、下記メールアドレスへお送りください。

スムーズにご入場いただくため、当日はお申込み時のメールを【印刷】しご持参ください。

FAXでのお申し込み

下のご案内・申込書をご使用ください。

  • FAX 0575-29-3000

スムーズにご入場いただくため、当日はご記入いただいた申込書をご持参ください。

ご記入いただいた情報は、本学習会に関するご案内・ご連絡および参加登録の目的にのみ使用いたします。

お問い合わせ先

中部学院大学 企画部 教育研究支援課

  • TEL 0575-24-2238(平日8:30~17:00)
  • FAX 0575-29-3000(24時間受付)
  • メールアドレス dpccoffice@chubu-gu.ac.jp

主催・後援

主催

中部学院大学 人間福祉相談センター

後援

岐阜県、岐阜市、関市、美濃市、美濃加茂市、各務原市、可児市、本巣市、郡上市、大野郡白川村、山県市、岐阜県教育委員会、岐阜市教育委員会、関市教育委員会、各務原市教育委員会、日本学校心理士会岐阜支部、岐阜県LD等親の会「れんげの会」、全国障害者問題研究会岐阜支部、FOUR WINDS岐阜、一般財団法人 特別支援教育士資格認定協会(順不同・一部申請中)

Adobe ReaderのダウンロードはコチラPDFファイルを開くにはAdobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。

ページの先頭へ戻る