ホームカミングデー

2013年 ホームカミングデー & たのしみん祭を開催

「ホームカミングデー」と「たのしみん祭」が、10月19日(土)に本学関キャンパスにて開催されました。たのしみん祭への参加として短大同窓会は、毎年恒例の野点を行い、来場者の皆さまへお抹茶を振舞いました。大学同窓会は、子ども体験コーナーと称して牛乳パックを利用した「缶ぽっくり作り」を行い、子どもたちに手作りのおもちゃの楽しさを体験してもらいました。
ホームカミングデーでは、同窓会室にて「恩師と語ろう」や「似顔絵コーナー」、「ネイルコーナー」、卒業生による「健康と美容に関する相談コーナー」、「アルバム閲覧コーナー」などの企画が行われました。会場では、かつての恩師を囲み談笑する姿、友人同士の久しぶりの再会を喜ぶ姿等がみられ、参加者同士、交流を楽しみました。

また、グレースホールを会場として、ホームカミングデーの式典を開催しました。式典では、「ミニチャペルアワー」や「豪華ビンゴ大会」を行いました。ミニチャペルアワーではパイプオルガンによる前奏から始まり、聖書朗読、志村宗教総主事によるスピーチなど、在学中のチャペルアワーを思い出し、懐かしむひと時となりました。ビンゴ大会では、ディズニーランドペアチケット等、豪華賞品が用意され、参加者一同大いに盛り上がりました。

今年は約260名近くの同窓生の参加があり、とても懐かしいひと時を共有しました。
ホームカミングデーを通して、世代や学年、学科を越え交流出来ることの素晴らしさを実感いたしました。またいつでも、学び舎へおかえりください。教職員一同心より皆様のお帰りをお待ちしております。

ページの先頭へ戻る