同窓会

会則

名称及び事務局

第1条

本会は、中部学院大学短期大学部同窓会と称し、事務局を中部学院大学短期大学部に置く。

目的

第2条

本会は、会員相互の親睦を深め、母校の発展に資することを目的とする。

会員

第3条

本会は、次の各号に掲げる者をもって組織する。

  • 正会員
    岐阜済美学院短期大学卒業生、中部女子短期大学卒業生、済美保育専門学院卒業生、岐阜幼稚園教員養成所卒業生、岐阜済美学院短期大学附設幼稚園教員養成所卒業生、岐阜保育専門学校卒業生、中部学院大学短期大学部卒業生及び評議会の承認を得た者。
  • 準会員
    中部学院大学短期大学部在学生
  • 特別会員
    母校の現教職員及び旧教職員

役員

第4条

本会に次の役員を置く。

  1. 名誉会長
  2. 顧問 若干名
  3. 会長 1名
  4. 副会長 2名
  5. 書記会計 3名
  6. 会計監査 2名

2

役員の任期は2年とし、再任を妨げない。但し会長及び副会長の再任は1回限りとし、役員に欠員が生じたときは、その役員の補充を行うが、その任期は前任者の残任期間とする。

役員の選出

第5条

名誉会長は、中部学院大学短期大学部学長を推挙する。

2

顧問は、会長経験者を推挙する。

3

会長は、運営委員会において正会員の中から推挙し、評議会の議決により決定する。

4

副会長、書記会計及び会計監査は、会長が正会員の中から指名し、評議会の承認により決定する。

評議員

第6条

評議員は、各卒業年度ごとに、各学科1名及び学年2名を選出する。その任期は、2年とするが再任を妨げない。

2

評議員は自己の属した学科及び学年の事柄について連絡調整を行うとともに、評議員として本会の議決機関に参画する。

総会

第7条

本会の総会の開催は、評議会において定める。ただし、会員の10分の1以上から要望がある場合は、総会を開かなければならない。

評議会

第8条

本会は、議決機関として評議会を置く。

2

評議会は、第4条第1項に掲げる役員及び第5条に掲げる評議員をもって組織する。

3

評議会は、毎年1回開催するものとする。但し必要に応じて臨時に開催することができる。

4

評議会において議決された事項は、必要に応じ会員に報告しなければならない。

運営委員会

第9条

本会は、企画執行機関として運営委員会を置く。

2

運営委員会は、顧問、会長、副会長、書記会計及び会長が指名する者をもって組織する。

部会

第10条

本会は、事業の遂行にあたって、必要が生じたときは、評議会の議決により部会をおくことができる。

支部

第10条の2

本会に支部をおくことができる。

2

支部をおくときは、支部役員名簿をそえて会長に届けたうえ、評議会の承認を得なければならない。

3

支部の細則については、別に定めるものとする。

会計

第11条

本会の運営及び事業に必要な経費は、会費、寄付金その他の収入をもってあてる。

2

本会の会費は次のとおりとする。
入会金  10,000円(入学時納入)
終身会費 10,000円(卒業時納入)

3

既に正会員の資格を有する者の会費は、前項の規定に関わらず、別に定めるものとする。

4

特別会員は、会費の納入を免除する。

5

本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

慶事・弔事

第12条

慶事・弔事に対しては事務局保管の内規に定めるところによる。

会則改正

第13条

本会の会則の改正は、評議会に於て出席者の過半数の承認を必要とする。

2

前項の規定により会則を改正した場合は、会員に報告しなければならない。

附則

本会則は昭和44年3月20日から施行する。
昭和59年10月28日 一部改正
平成10年 4月 1日 一部改正(中部女子短期大学第1部・第3部を統合)
平成10年 6月20日 一部改正
平成11年 4月 1日 一部改正
平成23年 7月10日 一部改正

ページの先頭へ戻る