社会福祉学科

夏の介護実習に向けて「実習激励会」を開催しました

2019.07.24

7月24日(水)に学内のグレースホールにおいて、実習激励会を開催しました。

社会福祉学科・介護福祉コースの学生は、介護福祉士を取得するために2年間で計10週間の介護現場実習に出向きます。本年は、1年生が8月5日(月)から2週間、2年生は8月19日(月)から4週間の予定で実習に臨みます。

1年生は初めての実習になるため、教職員をはじめ、卒業生、2年生から実習に向けて激励を受けました。1年生は、実習着でこの式に参加し、1年生全員が心を一つにして、「実習宣言」を行いました。2年生は最後の実習に向けて、身を引き締めスーツ姿でこの式に臨みました。

学科長からネームのプレゼント
学科長からネームのプレゼント

昨年度卒業生の下嶋祥子さんからの激励の言葉
昨年度卒業生の下嶋祥子さんからの激励の言葉

1年生全員で力強い実習宣言
1年生全員で力強い実習宣言

2年生から激励の手紙と温かい言葉を受けました
2年生から激励の手紙と温かい言葉を受けました

2年生代表の坂口愛実さんからの激励の言葉
2年生代表坂口愛実さんからの激励の言葉

1年生代表の有賀紅端さんがお礼と将来の介護福祉への熱い思いを述べました
1年生代表の有賀紅端さんがお礼と将来の介護福祉への熱い思いを述べました

集合写真

厳かな雰囲気の中、実習に向けた意気込みを強く感じた激励会でした。多くの学生が、実習前に不安を抱きますが、現場での実習経験は、大学では学べない貴重な体験です。実習後には成長した姿を期待しています。

ページの先頭へ戻る