社会福祉学科

「11月11日は介護の日です!」学生が啓発活動をおこないました

2018.11.03

各務原キャンパスと隣接する学びの森で開催された「学びの森フェスティバル」で、11月3日(土)に社会福祉学科の学生が「介護の日の啓発活動」を行いました。

この活動は、2008年に国が11月11日を「介護の日」と定めたことを期に、同日の啓発と共に、日頃介護にたずさわっている方にバラの花をプレゼントして感謝の気持ちを伝えることを目的に、毎年、社会福祉学科で取り組んでいる活動です。

「長い間、義理の両親の介護をしていたのよ」「卒業生です。今は子育てをしながら、入浴介助に携わっています」「母が20年間介護職として頑張っています」など、多くの方からお話を伺うことができました。活動を通じて地域の方と触れ合う機会にもなり、学生には貴重な経験となったようです。

学生の活動の様子
「介護をしている人にエールと感謝を送りましょう」

参加者と学生たち

ステージ発表では活動で寄せられたメッセージを紹介
ステージ発表では、活動で寄せられたメッセージを紹介しました

フィリピンからの短期留学生へ修了証授与
フィリピンからの短期留学生へ修了証を授与しました

記念写真

ページの先頭へ戻る