社会福祉学科

介護福祉コースの学生が介護現場実習に取り組みました

2017.09.11

8月から9月にかけて、介護福祉士を目指している介護福祉コースの学生が現場実習をおこないました。1年生は「介護基礎実習」を8月7日(月)から2週間、2年生は「介護総合実習」を8月21日(月)から4週間の期間をおこない、多くの経験や学びを得る機会となりました。

1年生は本学に入学して初めての現場実習のため、実習に入るまで不安を抱いていた学生が多くいました。しかし実習が始まると、「楽しい」「学校で学んだことが目の前で体験できる」など充実していたことが伺える感想を多く聞くことができました。
2年生は最後の総合的な実習となります。そのため介護計画の立案・実施など取り組む課題が多く、4週間の実習期間は利用者と楽しく関わるだけでなく、悩みながら進めている学生が多くみられました。それだけに実習終了時には達成感や充実感を味わう学生も多く、中には実習施設側がお別れ会を開いてくださったことで感動していた学生もいました。

この経験を後期の授業で生かし、体系的な学びにつなげていきます。

介護総合実習の様子(1)

介護総合実習の様子(2)

仙寿なごみ野で介護総合実習(2年生)を行っている学生の様子

ページの先頭へ戻る