社会福祉学科

2017年美・デザインコース新入生交流研修で奥琵琶湖に行きました

2017.05.10

5月10日(水)美・デザインコース2期生16名が交流研修に行ってきました。

介護福祉コースとは違い、美・デザインコースは日帰り。2年目の今年もリゾート施設見学を兼ねたテーブルマナー研修をメインに盛りだくさんのスケジュールで、学生や教員とのコミュニケーション促進と美的センス磨きに励みました。
スケジュールは午前中奥琵琶湖の絶景ロケーションにある宿泊施設見学と昼食を兼ねたテーブルマナー研修。午後は長浜市「黒壁スクエア」に移動して地域の個性を題材にした写真撮影のグループワーク。
心配された雨も出発頃には上がり、集まったメンバーを乗せたバスは一路西へ。今年の美・デザイン、ノリの良さはどこにも負けません。朝早かったにもかかわらずハイテンションで目的地へ。

今回テーブルマナー研修をお願いしたのはl’hotel du lac 。琵琶湖を望む高台にある素敵なホテルです。到着後琵琶湖を見下ろすイベントスペースをお借りして午後のグループ分けを兼ねたゲームタイム。熱く、静かに盛り上がった後は支配人への挨拶とホテルへの移動。オシャレでありながら落ち着いた雰囲気のコテージや本館の宿泊施設を見学しました。

支配人直々によるテーブルマナー研修を受講した後、グランシェフのメニューによるフレンチコースのランチ。マナーを気にして少し固くなりながらもとても美味しく頂きました。

午後は長浜市の黒壁スクエアに移動。古民家を活かしたシックな建物の中に伝統工芸やアートがちりばめられた町並み。そこを自分たちの表現素材を求めてグループワーク開始です。

ガラス細工の煌めき、町並みの奥行き、グッズの表情、建物の素材感。それぞれの思いを秘めたショットを携えて、雨に降られることなく、帰途につきました。帰りのバスの中でもグループワークは続きます。ひとりずつ自分のベストショットを選定、リーダーがそれを収集し、すべてを教員のタブレットにドロップして岐阜県に入るころに終了。学習に交流に、充実した1日を過ごすことができました。

写真に最適な回り込みの良い光の中で学生それぞれが得た写真素材は、パネルに加工してオープンキャンパスで展示されました。

ページの先頭へ戻る