社会福祉学科

クリスマス礼拝・祝会がおこなわれ、社会福祉学科の学生も元気に参加しました

12月15日(木)に大学の年間行事である「クリスマス礼拝・祝会」が行われました。

「クリスマス礼拝」はグレイスホールで開催し、パイプオルガンやハンドベルの演奏など厳かな雰囲気でおこなわれました。
賛美歌の斉唱では、社会福祉学科の学生も参加する聖歌隊による聖歌が披露されました。
また、日本キリスト教団名古屋堀川伝道所牧師の島しづ子先生がお越しになり、「途方に暮れながら待ち望む」と題したメッセージを礼拝参加者に語って下さいました。

島しづ子先生のメッセージ
島しづ子先生のメッセージ

社会福祉学科の学生も参加する聖歌隊
社会福祉学科の学生も参加する聖歌隊

礼拝の後は学生食堂「ポローニア」に移動し、「クリスマス祝会」が開催されました。
学生会が中心となり、礼拝とは違う和やかな雰囲気の中、ダンスサークルの演技やビンゴ大会などが行われました。

民族衣装で場を盛り上げる学生
民族衣装で場を盛り上げる学生

クリスマスランチプレートを食べながら祝会に楽しく参加しました(1)

クリスマスランチプレートを食べながら祝会に楽しく参加しました(2)

クリスマスランチプレートを食べながら祝会に楽しく参加しました

この行事が終わり、大学は12月29日(木)から1月3日(火)まで休みに入ります。

ページの先頭へ戻る