社会福祉学科

新入学生宿泊研修で白川郷に行ってきました!

新入学生宿泊研修を5月11日(水)~12日(木)にかけて1泊2日の日程で実施し、白川郷に行ってきました。
この研修は、学生同士の仲間作りや学生・教員間のコミュニケーションを深めることと、地域社会との交流や自然体験など幅広い経験を通じて感じたことを皆で深めるという2つの目的で、毎年この時期に実施している企画です。

1日目は小雨の降るあいにくの天気でしたが、宿泊先であるトヨタ白川郷自然学校の建物内で縄跳びやドッジボールなど学生が企画したレクリエーションを、教員も一緒になって楽しみました。

ひるがのサービスエリアで記念撮影
ひるがのサービスエリアで
記念撮影

昼食後、屋外でのバレーボール
昼食後、屋外でのバレーボール

屋内での交流プログラム 縄跳び
屋内での交流プログラム 縄跳び

快晴となった2日目には、白川村の方々との交流プログラムとして、各グループに分かれて、長寿会の皆さんとのゲートボール体験や保育園の園児との交流などがおこなわれました。

最後に合掌作りの町並みがある荻町を自由散策し、お土産の買い物やソフトクリームなどの食べ歩きをして楽しみました。
怪我や病気になる人もなく、全員が元気に大学に戻ることができました。

地元長寿会の方とのゲートボール体験
地元長寿会の方との
ゲートボール体験

荻町合掌造り集落の自由散策
荻町合掌造り集落の自由散策

出会い橋も渡りました
出会い橋も渡りました

ページの先頭へ戻る