社会福祉学科

就職実績

卒業生レポート

高橋志奈さん

高橋志奈さん
岐阜県岐阜市出身
2005年3月社会福祉学科卒業
勤務先:介護老人保健施設「喜の里」介護福祉士

仕事に役立つお助けアイテム(PHS・メモとペン)

現在の仕事内容

在宅復帰に向けた、支援と介助。

介護福祉士として、身の回りのお世話とともに、日常生活動作を少しでも回復できるよう、在宅復帰に向けた支援をしています。利用者さんは日によって体調が異なるため、毎日の観察が欠かせません。顔色を見たり、声をかけることで、どのくらい体が動かせるか判断し、その日の体調にあったリハビリを行っています。機能が回復していく姿を見ると、励まされるし、すごくうれしいですね。好きな仕事ができる毎日が幸せです。

後輩へのメッセージ

進む道を早めに決めて大正解。

喜の里はボランティアで訪ねた施設でした。就職したい分野を早めに決めて、気になる施設は実習やボランティアで体験してみることをおすすめします。

OB・OGからのメッセージ

同じ介護福祉士として働く母は一番の相談相手であり尊敬できる先輩です

特別養護老人ホームで、介護福祉士として、利用者の方の日常生活の支援をしています。一人ひとりに合った介護を行うことは、大変なことですが、同僚のスタッフや友人に支えられて楽しく仕事をしています。なかでも母は、家族という身近な存在であると共に、同じ介護福祉士として働く先輩として、この仕事ならではの喜びや難しさを共有できる一番の相談相手です。

長尾幸枝さん、長尾久美さん

特別養護老人ホーム大和園勤務
長尾幸枝さん

特別養護老人ホームナーシングケア寺田勤務
長尾久美さん

福祉の仕事は「人を幸せにする仕事」

福祉の仕事というのは直接介護をする仕事だけではなく、人を幸せにする仕事だと思い、私はウエディングプランナーの仕事を選びました。いろいろなニーズがあるので大変なこともありますが、幸せに囲まれて楽しく仕事をしています。車いすのお客様や知的障害のある方の結婚式などでは、社会福祉学科で学んだことが活かせるので、本当に勉強してよかったと思っています。

後藤沙季さん

(株)ロマンティアウェディングハウスパピオ勤務
後藤沙季さん

卒業生の進路

ページの先頭へ戻る