幼児教育学科

小椋ゼミの学生が幼稚園児に体力測定を行いました

2019.06.10

小椋ゼミの学生で、附属の桐が丘幼稚園に体力測定へ行きました。測定をしたのは年中児と年長児で、今回は「反復横跳び」「立ち幅跳び」「体支持持続時間」「長座体前屈」の4種目を行いました。
学生は安全に、そして正確に測定をすることができるように、この日まで一生懸命練習してきました。また、子どもたちはドキドキしながらも一生懸命取り組んでいました。

反復横跳びをする幼児
幼児の反復横跳びは1本線で行います。敏捷性を測ることができます。

立ち幅跳びをする幼児
立ち幅跳びです。瞬発力(パワー)や跳力を測ることができます。

体支持持続時間をする幼児
両腕で身体を支える体支持持続時間です。幼児期の筋持久力を測ることができます。

長座体前屈をする幼児
長座体前屈です。柔軟性を測ることができます。

次回は「25m走」「ソフトボール投げ」「握力」を測定する予定です。エビデンス(科学的根拠)を用いた保育ができるように、データから現代の子どもたちの体力を把握し、その結果から新たな保育活動へとつなげていけるように取り組んでいます。

ページの先頭へ戻る