幼児教育学科

美濃加茂市との連携事業を今年も行います

2018.05.09

「きらきら かもジョ Project」に参画

幼児教育学科の杉山ゼミは、昨年度に引き続き、美濃加茂市との連携活動を行います。
今年度は、「女性が活躍できるまち みのかも」の実現にむけて、“きらきら かもジョ Project”に参画することになりました。

4月18日(水) 美濃加茂市の概要や施策についての説明

4月18日(水)、美濃加茂市の職員6名をお招きし、美濃加茂市の概要や施策についてご説明いただきました。
また、美濃加茂市役所で活躍されている女性職員から、現在の職に就くまでの経緯や仕事への思いなどについて話がありました。

杉山ゼミ生と講師を務めていただいた美濃加茂市職員の皆さん
杉山ゼミ生と講師を務めていただいた美濃加茂市職員の皆さん

5月9日(水) フィールドワーク

5月9日(水)、美濃加茂市の子育て支援センター「山之上交流センター」と「サンサンルーム」でフィールドワークを行いました。

杉山ゼミ生17名は2グループに分かれ、それぞれ「山之上交流センター」と「サンサンルーム」を訪れ、運営されているボランティアの皆さんやスタッフの方からセンターについて概要などをお聞きし、センターを利用されていた親子さんと一緒に遊びました。

また、センターを利用しているお母さんには「今の自分・将来の自分」について、スタッフの方には「仕事のやり甲斐」などについて聞き取り調査を行いました。

今後は、聞き取り調査の結果をまとめ、『女性が地域で輝きながら生きる』について学生たちで考察していきます。

バスの中の様子
美濃加茂市役所のバスで目的地に向かいます。バスの中では、手遊びの練習をしました。

サンサンルームの様子
サンサンルームでは、15組の親子さんが集まっていました。乳児が多く、お母さんと赤ちゃんと、たっぷり触れ合うことができました。

聞き取り調査の様子
聞き取り調査を行う学生

手遊びをする様子
手あそびもみんなで楽しみました

ページの先頭へ戻る