幼児教育学科

夏祭りのリハーサル!「安桜こども館」へ実践発表に行きました

2017.07.12

幼児教育学科2年専門ゼミナール「子ども家庭支援コース」平松ゼミは、関市内にある「安桜こども館」へ学外学習に行きました。

5月から企画・準備をしてきた「夏祭り」がいよいよ近づいてきました。今回は、「夏祭り」のリハーサルの様子をお伝えします。

安桜こども館では毎年、50組の親子限定の夏祭りを行っています。予約はあっという間に予定人数に達してしまい、キャンセル待ちの状態です。学生たちは、親子が安全に楽しく遊べるように、環境設定から遊びの内容、実践の工夫を勉強してきました。親子さんが楽しんでくれている笑顔を想像しながら準備に取り組みました。7月26日の夏祭り本番が楽しみです。

廃材をつかった遊びコーナー
学生たちが持ち寄った廃材をつかった遊びコーナーの準備です

細かい作業
細かい作業では、学生たちも真剣な眼差しです。

廃材を使った工作
廃材を使って工作が完成しました。かわいい魚がたくさん泳いでいます。まるで水族館みたいですね。

わなげ
さあ、夏祭りのリハーサルが始まります。遊びコーナーはすべて手作りです。

お菓子をつかめる工夫を模索中。
子どもたちがお菓子をつかめる工夫を模索中です。

ボールを投げられない子どもがいた時の対応策を考える様子
何度も試しながら、ボールを投げられない子どもがいた時の対応策を考えました。

お菓子すくい
料理で使う「お玉」でお菓子をすくいます。何個のお菓子がとれるかな。

お手製のお神輿
お神輿の絵を学生が描き、お手製のお神輿の完成です。ワッショイ!ワッショイ!学生が担ぎます。

リハーサル
これは、なんのリハーサルでしょうか。夏祭り当日が楽しみです。


ページの先頭へ戻る