就職・キャリア支援

2018-2019年度「公務員・教員採用試験対策講座」が始まりました

2018.11.24

2018-2019年度の公務員・教員採用試験対策講座が11月24日(土)からスタートしました。
第1日目のプログラムは、公務員試験の特徴や勉強方法についての解説と、今年度希望の自治体に合格した先輩たちの体験発表でした。

夢を実現した先輩たちから、

  • 志望の理由(特に「なぜこの市なのか」)を明確にすることが大切。その上で実際に見学して自分の目で確認し、パンフレットやホームページでは知ることのできない情報を得ると良い。
  • これから実際の試験まで1年を切っている。合格のため残された時間は短い。残りの時間にどれだけ頑張れるかが勝負だ。
  • 講義は前の席で受講し、板書や先生の話で気になったことはすぐにメモした。読み返すだけでその光景が思い出される。
  • その日のうちに復習した。じっくり復習するのでは無くても見るだけでも勉強になる。
  • 帰りのバスが出るまで図書館で勉強した。隙間の時間を活用することや疑問点をスマートフォンで確認することも有効だった。
  • 先が見えずに不安だったが、モチベーションを維持するために友だちと一緒に勉強した。自分の応援歌を決めたこともやる気を出せた要因の1つ。
  • 市の広報やホームページのチェックを欠かさない。特に下宿生は情報不足にならないよう気をつける。
  • 面接対策は公務員講座のプログラムにもあるが、試験の直前にはキャリア支援センターを利用し模擬面接を何度も行った。家族や友人に聞いてもらうことで内容のチェックができた。

などの体験談を語っていただきました。それぞれの勉強方法や気をつけたことやいかにモチベーションを継続するかなどは人によって様々ですが、合格したみなさんに共通していたことは「絶対合格する」と言う決意が強固だったことです。

受講者は教員や行政職、警察や消防、保健師や保育士などの専門職など目指す進路は異なりますが、試験に合格するという目標は同じです。

先輩たちから話を聞いたことで、よりモチベーションが高まり、学習に力が入るよう期待しています。

体験談を話す先輩の様子

公務員・教員採用試験対策講座の様子

ページの先頭へ戻る