就職・キャリア支援

キャリア支援センターについて

入学から卒業、そして卒業後も…、学生を心強くサポート

自分がなにに向いているのか、いっそう充実した学生生活を送るにはどうするかなど、学生一人ひとりの思いや行動を力強くサポートすることがキャリア支援センターの目的です。
基礎学力向上講座・公務員対策講座の開講やビジネスマナー、ディベート能力の養成など、実社会で求められる能力もトータルに育んでいきます。

キャリア支援センターの主な役割

進路決定への意識を高めるために

キャリア支援ガイダンス、就職支援ガイダンス、個別面談をはじめ、キャリア形成支援のための機会を豊富に設け、将来の進路選択・決定への足かがりとしていきます。

各学科やゼミナールとのきめ細やかな連携

各学科やゼミナールとの連携により、きめ細やかに学生の進路をサポートします。

中部学院大学 4年間の就職指導の流れ

1年次 入学と同時にガイダンスを開催
学生生活をどう過ごすか、ライフデザインのイメージ作りなどのガイダンスを開催。入学時点での進路希望調査を実施して、一人ひとりの希望や関心を把握し、今後のデータとしていきます。
2年次 自分のこれからをプランニング
就職に向けた意識の向上を図るために、キャリアガイダンスを開催。
第2回目の進路希望調査で、学習・学生生活の状況を把握するとともに、将来の目標設定、進路のイメージ作りを進めていきます。
3年次 具体的な将来設計に向けて
科目「仕事と人生」(2単位)を設けています。
自分の進路を拓くノウハウを指導。
目標設定の確認とその実現をめざした支援を行います。
4年次 理想のゴールへとバックアップ
学科ごとに進路・就職ガイダンスを開催。そのほか、作文や小論文、グループディスカッションなど、就職に直結する力も養成します。個別の指導を中心として進路支援を展開し、学生一人ひとりの理想のゴールをめざします。
卒業後 「中部学院大学・中部学院大学短期大学部人材バンク」への登録制度を活用することにより必要に応じて再就職等の支援を行います。

中部学院大学短期大学部 2年間の就職指導の流れ

1年次 個人のニーズをすべて把握
入学と同時にキャリアガイダンスを実施します。さらに、学生全員の進路希望調査を行い、個々のデータを把握。それをもとに、これからの目標や関心を明確なものへと導いていきます。後期には科目「仕事と人生」(2単位)も開講。
2年次 最後までフォローアップ
就職指導への取り組みやノウハウを指導すると同時に、一人ひとりの目標の確認と実現に向けたサポートを行います。就職に直結する能力の養成も徹底。適性を活かした就職へと導きます。
卒業後 「中部学院大学・中部学院大学短期大学部人材バンク」への登録制度を活用することにより必要に応じて再就職等の支援を行います。

ページの先頭へ戻る