キャンパスライフ

「第18回岐阜県内外外国人留学生日本語弁論大会」に4名出場しました

2019.11.23

11月23日ぎふメディアコスモスで開催された「外国人留学生日本語弁論大会」に人間福祉学科の4名が出場し、練習の成果を堂々と発表しました。

3年 チョウイフさん
3年 チョウイフさん
「私にとって本とは」

2年 リホイヤンさん
2年 リホイヤンさん
「外国人労働者の受入~メリットとデメリット~」

3年 ショウブンイさん
3年 ショウブンイさん
「いじめ問題について」

3年 ジウさん
3年 ジウさん
「宮崎駿作品による女性感」

この大会は、留学生の日本語学習や表現力の向上を目的として開催されており予選を通過した、岐阜県内の大学より13名の留学生が、6分以上8分以内というルールのなかスピーチを行い熱弁をふるいました。
今年は、6ヶ国より参加があり、日本語はもちろん、喜怒哀楽を豊かな表現で話す姿に、観客の誰もが感動いたしました。

外国人留学生日本語弁論大会に出場した留学生

外国人留学生日本語弁論大会出場者記念撮影

ページの先頭へ戻る