キャンパスライフ

2018年度 留学生歓迎遠足に行ってきました

2018.06.09

「留学生歓迎遠足」は日本に来て間もない留学生の皆さんに、少しでも早く日本の環境や大学の環境に慣れてもらおうという目的で企画され、毎年行われています。

6月9日(土)、留学生36名と教職員6名で「水と踊りのまち・郡上市八幡町」へ行ってきました。当日は、前日の大雨が嘘のような清清しい梅雨晴れでした。

記念撮影

8:30に岐阜駅を「ラッピングバス」にて出発。このラッピングバスは、岐阜済美学院が100周年を迎えるのにあたり、NPO法人イエロー・エンジェルから寄贈いただきました。
八幡町の駐車場では、ひときわ青空にシンボルマークとスクールカラーであるマゼンダ色が映えていました。

ラッピングバスの前で記念撮影

ラッピングバス

まず、「郡上八幡博覧館」で、郡上市の歴史や文化について学び、郡上踊りを体験しました。
その後、学生たちはグループに分かれて、郡上八幡城や宗祇水へ通じる石畳を歩いたり古い町並みやきれいな水路、風情ある街並みをおしゃべりをしながら散策していました。

郡上八幡城前で記念撮影

郡上踊りの体験の様子

大学で日本語を学び、そして福祉や介護について勉強し、母国や日本で活躍できるよう、これからも頑張って下さい。

ページの先頭へ戻る